福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
えんどうクリニック診察日
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
気になる症例集

小児の痔

Q.小児も痔が悪くなるのでしょうか。

A.小児にも痔が出来ます。
これにはいくつかの種類があります。

乳児痔瘻

ほとんど男児に限られていますが、原因ははっきりしません。
肛門のわきがはれて膿がたまり、破れて出てくるものです。
乳児は、おむつをしていて絶えず肛門のまわりが汚れているので、皮膚から細菌が入ってはれることもあります。

裂肛

女の子に多くみられ、肛門の内面が切れて排便時に痛がります。
痛がる部分をみますと、肛門の外の皮膚に小さな隆起がみられることがあります。

これは排便の度に切れて炎症を起し、その刺激でまわりの皮膚がはれてきたものです。
便が硬いためこうなったのですから、まず大便を軟らかくして出させることです。

それにはなるべく水分の多い食物を多く取らせます、果物やジュースなどがよいでしょう。
便を軟らかくする薬も飲ませます。
また肛門をよく洗って、軟膏などをつけるのもいい方法です。

直腸脱

排便時に直腸が出るものです。
体が大きくなると自然に治ることが多いのですが、なるべく出てこないように排便を力まずにさせる習慣をつけます。
そのためには、やはり便を軟らかくする必要があります。
病院で薬をもらって飲ませるか、軟膏などをぬって楽に排便できるようにします。
 
肛門部の清潔、食事方法(野菜を多く)、水分をたくさん与えるなどして、排便の調節をすることが必要です。