福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
えんどうクリニック診察日
2018年12月
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
コミサポ2005年12月号
糖尿病について

糖尿病とは?

健康な人でも、食事をすると一時的に血液中の糖が増えて、血糖値が上昇します。
血糖値が高くなると、すい臓からインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、上昇した血糖値が下がります。
私たちはこうして糖を利用しているのです。

こうしたインスリンの作用が低下し、効きが悪くなった状態を「インスリン抵抗性」と呼び、糖代謝(糖を利用するしくみ)に支障をきたし、血糖値が高くなります。
この血糖値が基準値よりも高くなると、糖尿病と診断されます。
糖尿病と診断される目安は、空腹時の血糖値ががて126mg/dl以上、糖負荷二時間後の血糖値が200mg/dl以上です。

糖尿病がもたらす合併症

血糖値が高い状態が続くと、さまざまな合併症が起こります。
中でも「網膜症」、「腎症」、「神経障害」が、三大合併症といわれています。
これらは細い血管が損傷して起こる疾患で、「細小血管障害」と呼ばれます。

加えて、心臓、脳、脚などや、大動脈のような太い血管でも動脈硬化を引き起こします。
糖尿病の初期は自覚症状がひじょうに乏しく、自覚症状が出てきた段階では、糖尿病がかなり進行している可能性が考えられます。
自覚症状がないからといって、食事療法や運動療法を軽視することは大変危険なことなのです。

治療の基本は食事と運動

糖尿病の治療には、大きく分けて、食事療法や運動療法を中心とする「非薬物療法」と「薬物療法」のニつがあります。
しかし、治療の基本は何といっても、食事療法と運動療法。
これがしっかりしていないと、薬も思うように効いてはくれません。

中でも食事療法は最も重要なもので、血糖コントロールの良否を大きく左右します。
ポイントは、食べ過ぎないことと、偏食をせずバランスのとれた食事をすることです。
具体的には炭水化物(糖質)20パ?セント、たんぱく質20パーセント、脂質20パーセントの比率が理想的なバランスといわれています。

一方、運動療法のポイントは、毎日少しの有酸素運動(酸素を取り入れながら筋肉を動かす運動)をすることです,血糖中のブドウ糖は一回10分以上の運動で燃え始めます。
ウォーキングや軽いジョギングを一日に二?三回行いましょう。
ちなみに運動をする適切な時間帯は、食後30?60分ほど経過した血糖値が上がる頃です。

正しい食事と運動。
日々の生活習慣を少し変えるだけで糖尿病は大きく改善します。
もちろん、予防にも役立ちますので、ぜひ取り組んでみてください。

「自分にあった量」ってどれくらい?
食べる量は、生活で消費するカロリーと同じカロリーにするのが原則です。
具体的には、身長、体重、作業量などによって異なりますが、ここでは一般によく用いられている適正カロリーの求め方を紹介します。

一日の摂取カロリー(C)= 標準体重(A) × 一定のカロリー(B)

(A)標準体重[身長(m)]2×22
(B)一定のカロリー(体重l k9あたりに必要なカロリー)の選び方
   成人(軽作業)25kcal?30 kcal
   肥満者、高齢者25 kcal

例)身長170cm、体重80kgの男性事務職の場合の適性カロリー
   1.7×1.7×22≒64kg(A)
   64×25(B)=1600 kcal
   ※1日の必要な総カロリーは1600 kcalです。
 
今の体重は、標準体重(A)より16kgオーバーしているといえます。