福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年08月
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
患者さんの為のQ&A

胃にピロリ菌 今は症状ないが

潰瘍の有無確認して

H20.1.15
5年ほど前、胃潰瘍になり、胃の中にピロリ菌がいる」と言われて薬を飲み始めましたが、忙しいこともあって途中でやめてしまいました。
その後、何も症状は現れていませんが、改めて受診した方が良いのでしょうか。(30歳代・男性)
まずは、ピロリ菌についての説明をしましょう。
この菌を発見したのは、西オーストラリア大学のバリー・マーシャル教授らで、この研究により、2005年のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

ピロり菌とは、胃の粘膜に生息している、らせん形をした細菌で、胃潰瘍と深くかかわっています。
また、先ごろ北海道大学の研究グループが、ビロリ菌の作るたんぱく質ががんを引き起こすことを、マウスを使った実験で確認したと発表しました。

感染経路は、大部分が口を介したもので、40歳以上の日本人の約80%が感染していると言われています。
しかし、ほとんどの感染者は健康に暮らしており、除菌の対象となるのは、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんで、ピロリ菌に感染している方です(胃炎では、保険での除菌は認められておりません)。

さて、質問の方ですが、5年もたっていますので、まずは胃腸科の専門の先生にみていただき、潰瘍が発していないかどうか(症状がなくても潰瘍がある方もいます)、また、ピロリ菌がいないかどうかを、内視鏡などで確認していただいて下さい。
なお、ピロリ菌の検査には、採血、組織診、尿素呼気試験法など、いろいろありますので、主治医の先生の指示に従って下さい。
患者さんの為のQ&A