福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年05月
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
患者さんの為のQ&A

頻尿に効く漢方薬や生薬教えて

八味丸、牛車腎気丸など

H19.4.17
5年ほど前に前立腺肥大症と診断されました。
薬を服用していたのですが、肝機能値が上昇したため、内服薬は中止に。最近、日中のトイレの回数が1時間程度に多くなり、夜間も3回程度となり困っています。
漢方薬、生薬、植物製剤などで回数を減らせないかと思っています。お教え下さい。(福島市・71歳男性)
頻尿治療では、前立腺ガンや尿路の炎症、尿路結石などがない場合

・昼間・夜間の頻尿
・切迫性尿失禁(尿漏れ)
・尿意切迫感(急激な尿意)

などの症状を「過活動膀胱」と言います。

これは、何らかの理由で膀胱に尿がたまる前に排尿のコントロールができなくなり、尿意を覚えてしまう状態を言います。
ご質問の方の場合、前立腺肥大症を伴うということで、漢方薬治療を考えた時、「お血」と「冷え」を考慮し、「桂枝伏苓丸含八味丸」か、便秘気味ならば「桃核承気湯含八味丸」を服用してみると良いと思います。

この八味丸は、中高齢者を中心に泌尿器・生殖器・腎などの機能低下に伴う排尿障害などに効果があります。
また最近、「牛車腎気丸」という漢方薬が尿意をもたらす知覚神経を抑制し、膀胱の収縮力を変えずに頻尿を改善するとの報告もあり、八味丸の代わりに牛車腎気丸を服用してみるのも良いかと思います。

一方、民間療法としては、ニラの種「韮子」を粉末にし、1日1、2回、1回2g程度服用する治療法があります(そのまま服用する場合は30から40g程度)。
また、山茱萸(さんしゅゆ)は、補腎・強壮薬として頻尿や老人の夜尿症・遺精などに使われます。
1日の服用量は10g程度で、300mlの水を加えて半量になるまで煎じ、2、3回に分けて服用します。
ちなみに、この山茱萸は八味丸・大味丸・牛車腎気丸にも含まれています。
患者さんの為のQ&A