福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年05月
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
当院からのお知らせ

大腸がんと便秘

 大腸がんと便秘とは切っても切れない関係にあります。
便秘が大腸がんを引き起こす要素だということは、タバコと肺がん以上の因果関係といっても過言ではありません。

 各国の調査によると、動物性食品や油脂類は多くとっても繊維のとり方の少ない国では、大腸がんの発生が高く、逆に精白していない穀類や野菜類を主体とした、繊維の多い食事をとる国では大腸がんの発生率が低いことが明らかになっています。

 脂肪が分解され、小腸で吸収されるのは、胆のうから分泌される胆汁酸の働きによります。
一部の胆汁酸は小腸から吸収されて肝臓に戻りますが、一部は大腸の腸内細菌によって二次胆汁酸となります。
この二次胆汁酸が発がん物質なのです。

 また大腸内には、吸収されていないたんぱく質から生じる二級アミンが存在するほか、腸内細菌によって硝酸から生まれた亜硝酸があります。
この二級アミンと亜硝酸との結合によって、発がん物質であるニトロアミンができるといわれています。

 便秘というのは、二次胆汁酸やニトロソアミンといったこれらの発がん物質がすぐに外へ排出されない状態で、腸の中にとどまって腸の壁を刺激しつづけているということになります。
つまり、大腸にがんが発生しやすいということになるのです。

 大腸がんを予防するためには、高脂肪食、高たんぱく食、低繊維食に偏らないように、和食を中心として、穀類、野菜、海藻類などの食物繊維を含む食事を多くとるように心がけることが必要です。
また、腸内を、いつも乳酸菌などの有用菌が優勢である環境にしておくことも大切であることを付け加えておきます。