福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年05月
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
先生の医療記事新聞集

人間にしかない病気

新聞社不明
 十月号の「僕らの過去は『大痔主』」を興味深く読んだ。
この告白座談会を一読すれば、今悩み苦しんでいる世の多くの「痔主」にとっては、とても励ましになっただろう。
我々医師も大いに参考になった。

 我が国では「痔」という病気は負のイメージで捉えられているが、欧米では決して恥ずかしい病気だとは思われていない。
文中にあるように、この病気は人間が二本足で立った時から始まったものだからだ。
また我々はオギャーとこの世に生まれた時から、誰もが「痔静脈」というものを持っているのである。
ある意味では四足動物にはなく、人間様にしかない大切な病気とも言える。

 神様のおつくりになった人間は、きわめて精巧ですべてにおいて無駄なものなどないが、入口と出口はことのほか大切な所である。
歯が悪くて物が食べられなければエネルギーも湧かないし、出口がしっかりしていなければ憂鬱になってしまい、仕事にも集中できず、生活が乱れてしまう。

 色々な意味で個性ある四人の告白は、ユーモラスな生身の人間の勇気ある真実のこもった発言であり、我々医師にとっても、患者さんの考えや気持ちが手にとるようにわかり、あらためて勉強になった。
明日からの診療にもすぐ役立ちそうな、大変面白い好企画であったと思う。