福島県会津若松市一箕町亀賀藤原417-3
TEL0242-33-0700
平日 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後6:00まで
水曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後 休診
土曜 午前8:30〜午前12:30まで
午後2:00〜午後5:00まで
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
第2・4土曜日
えんどうクリニック診察日
2018年02月
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
橙枠:午後休診 赤枠:休診日
緑枠:セミナー 青色:休日当番医
先生の医療記事新聞集

膝関節水症

福島民友...

膝関節症水を抜き取るのは病気知る上で重要

 膝(ひざ)の診療にたずさわっていて訴えの多いものの一つに、膝関節水症、俗に膝に水がたまるという症状があります。
膝のような大きな関節でも、正常では関節液の量は三〜五ミリリットル程度で、通常針で刺しても抜けません。

 また、その性状は無色、または麦わら色の透明な液体で、わずかに粘り気があります。
主な成分は、血管からしみ出した血漿濾過(けっしょうろか)液と関節内の滑膜細胞から分泌されたヒアルロン酸です。
これらの成分がさまざまな原因で変化し、量が増して膝に水がたまるのです。
そこで、そういった症状をひきおこす主な病気と、その関節液の特徴簡単に述べていきます。

(儼曽鰭┫慇畩鼻甓色で透明、特に混濁、粘り気がある。
外傷性膝関節炎=血液が混じり、赤く混濁。時に脂肪滴を含む。
K性関節リウマチ=黄色で半透明から混濁が強く、ほとんど粘り気がない。特にリウマチの場合、膝がはれていても針で水が抜けない場合も多い。
つ防=乳黄色で混濁。ほとんど粘り気がない。最近増加の傾向。
チ欠性膝関節症=若い女性に好発する。急速に関節液がたまり、三〜四日で自然になくなる。水腫(すいしゅ)の出現は10日〜4週間の間隔で起こる。痛みもほとんどなく、水腫だけが主な症状であり、関節液も正常なものと大差がない。

 以上のように、イ鮟くほとんどの病気で、特有の関節液を認めることが多いようです。
つまり関節液の性状から、病気の診断もある程度つくというわけです。

 外来診療をしていると、よく、膝関節水症の患者から「水を抜くとクセになるから」とか「また水がたまるから」と言われることがありますが、水を抜き関節液の性状を知ることは、病気を知るために重要なことで、治療としても重要な意味をもつのです。